安積国造神社
  宮司 安藤智重

〒963-8005
 福島県郡山市
 清水台1-6-23
 TEL:024-932-1145


安積国造神社 境内のご案内


御本殿

総檜、流れ造。
高さ12メートルの壮麗なご社殿です。大正15年に再建されました。
 

拝殿

文化7年に再建されました。
再建の記念として、艮斎撰文の「郡山八幡祠碑」が建てられました。
戊辰の戦火で郡山は焼け野原になりましたが、ご社殿は無事でした。
 

御神楽殿

明治43年建立。秋祭りの9月28日、29日、午後6時からお神楽が奉奏されます。
安積地方に伝わるお神楽の歴史は古く、貴重です。
 



摂 社


皇大神宮

ご祭神は天照大神、伊勢神宮から拝領した鳥居が立ちます。
ご本殿の右に鎮座します。
 



末 社


赤木神社(境外末社・赤木町鎮座)

ご祭神は和久産巣日神、天湯津彦命、比止禰命。
安積国造神社の旧地である赤木山に鎮座します。
大安場古墳の規模の前方後円墳、学名赤木古墳が築かれたところです。
 

安積天満宮

ご祭神は菅原道真公・安積艮斎先生です。
学問の神様として崇敬されています。

江戸時代太宰府天満宮のご分霊が祀られ、後に艮斎先生のご神霊が合祀されました。
ご本殿の左に鎮座します。
 

白王稲荷神社

古来当地の地主神として鎮座します。
農業、食物、商売の神様です。
 

郡山市招魂社

靖国神社のご分霊です。
郡山から出征した戦没者の英霊がお祭りされています。
 

明治天皇行在所

安積幼稚園庭にあります。
宗形彌兵衛の旧宅で、明治天皇が東北御巡幸の砌、2度駐輦されました。
戦後安藤重春画伯が創作活動の拠点としました。
 

安積国造神社会館

神社の諸行事のための参集施設です。
4階には安積艮斎記念館を設置しています。
 

郡山市耕地整理記念塔

神社の南方、幼稚園遊戯室の隣にある石づくりの塔です。
大正15年、日本初の都市区画整理事業を記念して建てられました。
 



鳥居、号標


一の鳥居と三島中洲(ちゅうしゅう)揮毫の社号標

表参道、中町の旧国道からの入り口にあります。
明治25年に建てられた石の鳥居です。
社号標は大正3年の建立、揮毫は艮斎先生の門人三島中洲です。
 

二の鳥居と
有栖川宮熾仁(たるひと)親王殿下御染筆の社号標

国道4号線からの入り口にあります。
社号は宮様の御染筆を掲げております。
鳥居は大正14年に建てられました。
 

北参道社号標

さくら通りに面した北参道の社号標は勝海舟の揮毫によります。
 



碑、その他


郡山八幡祠碑(こおりやまはちまんしひ)

安積艮斎が撰文し、佐藤一斎の門人で文人大名として有名な鳥取支藩藩主松平定常(池田冠山)侯の銘が刻まれています。
銘は、
「皇祖神聖 國造良翰 武人東征 肇祀廼壇 政禮具擧 顒若可觀 祀典綿亘 萬古不刋」
です。
碑は、文化7年の社殿再建竣工を祝し同14年に建てられました。
碑文には当神社の由緒や再建の経緯が書かれており『艮斎文略』に収録されています。
 

安藤脩重(もろしげ)翁碑

岡鹿門(ろくもん)が撰文し、老中、神道管長稲葉正邦侯が篆額を揮毫しました。
幕末明治期、郡山の精神的支柱であった安藤脩重の事蹟が書かれています。
脩重は安積国造神社第59代宮司で、開成山大神宮初代宮司を兼務しました。
権中教正という位を受けましたが、地方の神官では珍しいことです。
碑は門人たちによって明治40年に建立されました。


艮斎先生誕生地の碑

「昌平黌教授贈従四位艮斎安積先生誕生地」と刻してあります。
現代書道の父、日下部鳴鶴の書で、大正5年に建立されました。
 

高遠の透かし灯籠

白王稲荷神社には、明和7年(1770)高遠の商家が奉納した透かし灯籠があります。
高遠の石工が造った精巧な彫刻のある灯籠です。
 

古代安積郡郡衙跡

本神社の北西に一辺440メートルの規模で広がっています。郡山市名発祥の地です。
 

正二位三條西季知卿(維新元勲)歌碑

大銀杏の下にあります。
明治24年に建立されました。
 

阿弥陀三尊石塔婆

嘉元3年(1305)銘。
市内薬師寺跡の農地から出土したもので、神社へ奉納されました。
艮斎先生銅像の横にあります。
 

阿久津善治歌碑

平成2年、ケルン短歌会が建立しました。
歌人山本友一書です。
 
 
Copyright (C) asakakunituko-jinja 2000-2001.All rights reserved